カスタムフィールドの設定の仕方-WordPress操作〔ちょっと応用〕

カスタムフィールドを設定していろいろカスタマイズ-WordPress wordpressでブログを作ろう
カスタムフィールドを設定していろいろカスタマイズ-WordPress

 カスタムフィールドは、WordPressの標準機能として装備されている機能の一つ。

 投稿画面や固定ページの作成画面で項目を作って利用する。

 カスタムフィールドを使うと、いろいろなことができる。

 投稿一覧に投稿に対応したカラムを増やして、カスタムフィールドの内容を投稿一覧で見る事ができたり、カスタムフィールドで絞り込んだ内容を固定ページやサイドバーに表示したりできる。

 プラグインを利用しなくても、ある程度のことができる。

広告

カスタムフィールドを投稿画面・固定ページ作成画面に表示する

 初期状態ではカスタムフィールドが投稿画面・固定ページ作成画面に出ていないので、オプションでカスタムフィールドを表示する。

1.〔投稿〕画面の〔表示オプション〕タブを押す。

2.〔カスタムフィールド〕にチェックを入れる。

3.〔表示オプション〕タブを押して、〔表示オプション〕タブを閉じる。

〔カスタムフィールド〕を表示-WordPress

〔カスタムフィールド〕を表示-WordPress

カスタムフィールドを設定する

1.投稿編集画面をスクロールして、「カスタムフィールドの追加」の「名前」に追加する項目を記入する。

 ここでは、投稿記事タイトルのフリガナを入れるフィールドを作るので、「名前」の項目は〔furigana〕とした。

 「名前」の項目は基本的に英数字で記載する。

 が、公開する目的でなければ日本語でも構わない。

2.「値」は「名前」の項目の内容を記入する。

 ここでは、タイトルの冒頭数文字をカタカナで記入。

3.〔新規追加〕を押す。

〔カスタムフィールドを追加する〕-WordPress

〔カスタムフィールドを追加する〕-WordPress

別の投稿にも同じカスタムフィールドを利用する

 一度カスタムフィールドの項目を登録すると、ほかの投稿でも、カスタムフィールドが表示されるようになる。

 項目もすでに登録されているので、項目を選んで、値を書き込むだけで済む。

 ここでは、例として、「furigana」の項目にタイトルをカタカナで記入する。

1.投稿画面を出す。

2.カスタムフィールドの〔名前〕の横にある▼を押して「furigana」を選択。

3.カスタムフィールドに内容を書き込む。

 ここでは、タイトル冒頭の数文字をカタカナで値として書き込んである。

〔ほかのページにもカスタムフィールドを追加する〕-WordPress

〔ほかのページにもカスタムフィールドを追加する〕-WordPress

4.記事を更新する。

カスタムフィールドを利用してできる事

 まだまだ、利用の範囲が理解できていないけど、カスタムフィールドの利用できることは多そう。

 今後、カスタムフィールドを利用したカスタマイズで試してみたことは、例)として挙げていこうと思う。

例)

カスタムフィールドでカテゴリー内の投稿を50音に並べる-WordPressカスタマイズ

カスタムフィールドでカテゴリー内の投稿を50音に並べて一覧表示-WordPressカスタマイズ
特定のカテゴリーを50音順に並べ替えたい。カスタムフィールドを利用すれば、50音順に書き換えることができる。と聞いたので、試してみた。プラグイン導入の必要もなく、WordPressの標準機能だけで並び替えできたのでご報告。

コメント

タイトルとURLをコピーしました