gzip圧縮してwordpressの表示を早くするWP HTTP Compression

wordpress表示速度改善wordpressでブログを作ろう

 wordpressの表示を早くするために一番初めに入れたのはWP HTTP Compressionというプラグインだ。

 WP HTTP Compressionを入れた当初、あまり、wordpressの表示速度が速くなったという感じはしなかったのだが。

 ほかのプラグインを入れた後にWP HTTP Compressionを無効にしたら、GooglePageSpeed Insightsの点数が下がった。

 でまたWP HTTP Compressionを有効化して使っている。

 ほかのプラグインとあわせて使ったのでWP HTTP Compression本来の機能が発揮されたのか?よくわからない。

広告

WP HTTP Compressionってどんなプラグイン?

 【WP HTTP Compression】はページ全体をgzip圧縮してブラウザに読み込ませることで、劇的に表示速度を速くしてくれる。

 gzip圧縮したページの読み込みは、ブラウザによって未対応の場合の場合もあるそうだ。

WP HTTP Compressionのインストール

1、管理画面から【プラグイン】⇒【新規インストール】

2、検索ボックスの中にWP HTTP Compressionを記入。

3、【プラグインの検索】をクリック。

4、【説明】をクリック。

 「注意: このプラグインは現在使用している WordPress のバージョンではテストされていません。」の表示が出てくるけど、そのままインストール作業を続ける。

5、【今すぐインストール】をクリック。

6、【有効化】をクリック。

 WP HTTP Compressionの場合、特に設定はなし。

WP HTTP Compressionの適応環境

対応する最新バージョン: 3.4.1

WordPress の必須バージョン: 2.9.2

最終更新:2012-7-11

 開発が2年以上止まっている。

 同じようなプラグインでGZIP Outputというのもあるが、こちらも最終更新がだいぶ前。

 でも、「WP HTTP Compression」も「GZIP Output」も古くても大丈夫

 という記事を見たのでそのまま使っている。

WP HTTP Compressionと一緒に使えないプラグイン

 WP HTTP CompressionはWP Super Cache または WP Cache と同時に併用できない。

 WP Super Cache はキャッシュ系のプラグイン。

 WP Cache も同じくキャッシュ系のプラグイン。

コメント

タイトルとURLをコピーしました