FC2ブログの記事ナンバーを利用してWordPressに自動的に訪問者を誘導する

 FC2ブログとWordpressのURL構造がわかったらWordpressのスラッグを設定しよう。

 WordpressのスラッグをFC2ブログの記事ナンバーと対応させれば、FC2ブログの記事ページにmeta http-equiv="refresh"やlink rel="canonical"を1ページずつ貼り付ける必要がなくなる。

スポンサーリンク

FC2ブログの記事ナンバーを調べよう

1.FC2ブログにログインしたら「記事の管理」をクリック。

2.一覧ページの「#」をクリック。

 #の下の数字が記事のナンバーになる。FC2ブログの記事ナンバーの調べ方

WordPressの記事のスラッグの付け方

1.Wordpressにログイン。

2. 「投稿」⇒「パーマリンク設定」をクリック。 「カスタム構造」にチェックを入れる。 パーマリンク設定を「/%postname%/」にする. 「変更を保存」をクリック。

3.「投稿」⇒「投稿一覧」をクリック。

4.「クイック編集」をクリック。

Wordpressのクリック編集

5.「スラッグ」の数字をFC2ブログの記事のナンバーに書き換える。

Wordpressのクリック編集スラッグの書き換え

6.「更新」をクリック。

7.全ての記事で同じことを繰り返す。

FC2ブログにmeta http-equiv="refresh"やlink rel="canonical"を設定する

1.「プラグインの設定」⇒(どれでもいいので)設定してあるプラグインの「編集」をクリック。

2.「HTMLの編集」をクリック。

3.以下の記載を書き込む

<!--permanent_area-->
<meta http-equiv="refresh"content="1;URL=http://ドメイン/post-<%pno>">
<link rel="canonical" href="http://ドメイン/post-<%pno>" />
<!--/permanent_area-->

 4.「設定」をクリック。

meta http-equiv="refreshやlink rel="canonical"の意義

 meta http-equiv="refreshは旧ブログへ訪問した人を自動的に新しいブログに誘導するためのコード。

 link rel="canonical"は「新しいブログのページのほうが正しいページと検索エンジンに認識してもらう」ためのコード。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事のバックアップファイルをWordPress用に編集しよう

 FC2ブログからWordPressへブログの引越しをしよう。  前回は、FC2ブログの記事を

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事にアクセスした場合に自動的にWordPressの対応する記事に飛ぶようにする・FC2の全記事リストから記事タイトルとURLを収得しリスト化する

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導するJavaScript

 FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導する方法。  今回はjava

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressにFC2ブログの画像を一括インポート&リンクの置き換え

 FC2ブログからWordPressへお引越し。  FC2ブログの画像データーをダウンロードし

記事を読む

ブログ引越し

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越しして作業時間を短縮しよう。

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressのタイトルとURLリストを加工する2・FC2ブログからWordPressへ引越し作業

 WordPressのタイトルとURL一覧を入手したらテキストエディタに貼り付けてcsvファイル

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう

 FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう。  FC2ブログからエクスポートし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressのタイトルとURL一覧の入手法1・FC2ブログからWordPressへ

 FC2ブログから、WordPressへの引越し。  今回は、WordPressの記事のタイト

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をバックアップしよう

 FC2ブログからWordPressにブログを引っ越そう。  今回はブログの肝、それぞれの記事

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

meta http-equiv="refresh"でFC2ブログの記事以外のページをWordPressに自動的に転送する・修正

 2つのブログのタイトルとURLが合致したリストができたら、今度はリダイレクトをしよう。  FC2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑