FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越しして作業時間を短縮しよう。

 今回は、WordpressのURLとFC2ブログのURL、それぞれの法則性をご紹介する。

 URLの法則性がわかると「旧ブログの訪問者を新ブログへ自動的に誘導する場合の『変数を使ったmeta http-equiv="refresh"』などの記述の方法」がわかる。

 旧ブログの各ページにmeta http-equiv="refresh"を貼り付ける必要がなくなる。

スポンサーリンク

記事ページのURL法則

FC2ブログ記事ページのURLの法則と変数

URL

「http://ブログトップのURL/blog-entry-数字.html」

変数

「数字」の部分を表示する変数:「<%pno>」

エリア変数:<!--permanent_area-->~ <!--/permanent_area-->

WordPressの記事ページのURLの法則

「http://ドメイン/スラッグ/」

カテゴリーページのURLの法則と変数

FC2ブログカテゴリーページのURLの法則と変数

URLの構造

「http://ブログトップのURL/blog-category-数字.html」

変数

「数字」の部分を表示する変数:「<%cno>」

子カテゴリを持つ親カテゴリのエリアを指定する変数:<!--category--><!--category_parent--> ~ <!--/category_parent--><!--/category-->

子カテゴリを持たないカテゴリのエリアを指定する変数:<!--category--><!--category_nosub--> ~ <!--/category_nosub--><!--/category-->

WordPressカテゴリーページのURLの法則

子カテゴリーを持たない場合のURL:「http://ドメイン/category/スラッグ/」

子カテゴリーのURL:「http://ドメイン/category/親カテゴリーのスラッグ/子カテゴリーのスラッグ/」

ユーザータグページのURL法則と変数

FC2ブログユーザータグページのURLの法則と変数

URLの構造

「http://ブログトップのURL/?tag=ユーザータグ」

変数

「ユーザータグ」の部分を表示する変数:「<%topentry_tag_list_name>」

表示エリアの変数:<!--tag_area-->~ <!--/tag_area-->

WordPressのユーザータグページの構造

http://ドメイン/tag/スラッグ/

月間アーカイブのURL法則と変数

FC2ブログの月間アーカイブのURL法則と変数

URLの構造

http://ブログトップのURL/blog-date-西暦2桁の月.html

変数

「西暦2桁の月」:yyyymm

月間アーカイブのエリア変数:<!--date_area-->~ <!--/date_area-->

WordPressのURL構造

http://ドメイン/西暦/2桁表示の月/

わかりやすいのは記事ページのURL対応状況

 こうやって見て行くと、一番わかりやすいのは記事ページのURLの対応状態。

 FC2ブログは「http://ブログトップのURL/blog-entry-数字.html」。

 変数で記載すると「http://ブログトップのURL/blog-entry-<%pno>.html」

 Wordpressの場合「http://ドメイン/スラッグ/」

 同じWordpressの記事に自動転送したければWordpressの該当するページのスラッグをFC2ブログの数字と同じに設定すればmeta http-equiv="refresh"で転送できる。

 ほかのページも考え方は同じだが記事ページに比べると対応させるのがちょっと大変かもしれない。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressへ他社ブログからの引越し

引越し先のWordPressのパーマリンク設定

 FC2ブログからWordPressへの引越し作業もだいぶ進んだ。  引越し先のWordPre

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログからWordPressへ内部リンクの処理

 FC2ブログからWordPressへの引越し作業のうち、一番面倒なのが内部リンクの処理。  

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事にアクセスした場合に自動的にWordPressの対応する記事に飛ぶようにする・FC2の全記事リストから記事タイトルとURLを収得しリスト化する

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

検索エンジンにサイトを拾われなくしておく方法・ブログの引越し

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressにFC2ブログの画像を一括インポート&リンクの置き換え

 FC2ブログからWordPressへお引越し。  FC2ブログの画像データーをダウンロードし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事のバックアップファイルをWordPress用に編集しよう

 FC2ブログからWordPressへブログの引越しをしよう。  前回は、FC2ブログの記事を

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログからWordPressの引越ししたサイトのアクセス数が増えている

 FC2ブログからWordpressの引越しした「使える無料ソフト&無料サービス」のアクセス数が

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログ画像をバックアップ

 FC2ブログからほかのブログにお引越し準備編。  今回は画像をFC2ブログからバックアップを

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressのタイトルとURL一覧の入手法1・FC2ブログからWordPressへ

 FC2ブログから、WordPressへの引越し。  今回は、WordPressの記事のタイト

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をバックアップしよう

 FC2ブログからWordPressにブログを引っ越そう。  今回はブログの肝、それぞれの記事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑