検索エンジンのインデックスを早くしてくれるプラグイン

 クローラーが訪問する前に記事の更新を検索エンジンに知らせる仕組みとして「PuSHPress」というのがあるよ。

 という話を「検索エンジンのインデックスはどのようにされる?」の中でご紹介したんだけど、今日はその「PuSHPress」についてもうちょっと詳しく調べてみたので皆さんにご紹介。

スポンサーリンク

PuSHPressはRSSリーダーに更新を通知する

PubSubHubbub(PuSH) 通常RSSリーダーは定期的にブログに更新があるかどうかをと問い合わせして、更新があれば新しいコンテンツを取得する。

 このRSSの問い合わせは「一定の期間」で行われる。

 RSSからの問い合わせは「一定の間隔」で行われているので「ブログの更新直後」にRSSリーダーに更新情報が載るわけではない。

 あるいみ、ブログ側から更新情報をRSSに知らせることができず、RSSリーダーの訪問を待つという一方通行の関係。

 ここで出てくるのが「PubSubHubbub(PuSH)」。

「PubSubHubbub(PuSH)」の役割は2つ

 「PubSubHubbub(PuSH)」はブログとRSSリーダーの間の情報の橋渡しをする。

 「PubSubHubbub(PuSH)」の役割としては2つほどあるようだ。

  • 「PubSubHubbub(PuSH)」に対応したブログは更新情報を「PubSubHubbub(PuSH)」に知らせる。
      更新情報を知らされた「PubSubHubbub(PuSH)」はRSSに更新通知を送る。
  • ブログからの更新通知が無くても「PubSubHubbub(PuSH)」は定期的にブログが更新されたかどうか問い合わせをする。
    ⇒ブログが更新されていれば、その更新通知をRSSリーダーに知らせてくれる。

新しい記事のURLを探すのにGoogleはRSSを利用している

 2009年ごろからGoogleはウェブ上の新しいページを探すのにRSSフィードを利用しているらしい。

 Googleのフォーラムの中にこんな記載がある。

" An RSS feed helps search engines to keep up with all changes on your blog, and helps to make sure that it’s crawled and indexed as quickly as possible."

 自動翻訳にしてみると↓

" RSSフィードは、あなたのブログ上のすべての変更についていくために検索エンジンを支援し、それは可能な限り迅速にクロールおよび索引付けだことを確認するのに役立ちます。"

 というわけで、RSSフィードにより早く、確実に更新を伝える「PubSubHubbub(PuSH)」をブログに導入すれば、Googleのインデックスが通常を利早くなるというわけ。

WordPressプラグイン「PubSubHubbub(PuSH)」

 この「PubSubHubbub(PuSH)」をWordpressに導入できるプラグインは2つある。

  • PubSubHubbub
  • PuSHPress

  どちらのプラグインも「プラグイン」⇒検索⇒「今すぐインストール」⇒「有効化」で導入するだけで後の設定が不必要。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpress表示速度改善

gzip圧縮してwordpressの表示を早くするWP HTTP Compression

 wordpressの表示を早くするために一番初めに入れたのはWP HTTP Compression

記事を読む

wordpress基本設定

目次を自動生成するプラグインTable of Contents Plus

 目次をwordpressに実装してみよう。  プラグインを使うととても簡単に目次をwordpre

記事を読む

wordpressテキストビジュアルボタン

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新やプラグインの更新が大量に発生し

記事を読む

SEO

GoogleのWEBマスターツール「/sitemap-misc.xml」「 /sitemap-pt-page-年-月.xml」「 /sitemap-pt-post-年-月.xml」の意味するもの

 GoogleのWEBマスターツールのサイトマップを見ていたら、なんだか見慣れない項目がでてきた

記事を読む

wordpressプラグイン

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中身が何なのかわかりにくいのが難

記事を読む

wordpress表示速度改善

目次プラグインTable of Contents Plusで遅くなったサイト表示を早くする

  目次を入れるプラグインTable of Contents Plusのスタイルシートがページの読み

記事を読む

wordpressプラグイン

コメント欄に画像認証をつけるプラグインSI CAPTCHA Anti-Spam

 コメント欄に画像認証をつけるプラグインSI CAPTCHA Anti-Spamをもうひとつのブ

記事を読む

wordpressプラグイン

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが沢山くる。  コメントスパム

記事を読む

wordpressプラグイン

ダウンロードページを作るプラグインWordPress Download Manager

 せっかくwordpressの子テーマの作り方を覚えたことだし、ほかの人にも子テーマをおすそ分け

記事を読む

wordpressプラグイン

ビジュアル投稿の拡張プラグイン3つをWordPress4.0で試してみた

 WordPressの投稿の編集「ビジュアル」の使い勝手を良くするプラグインを導入したいと思う。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑