フィードリーダーfeedlyの登録ボタンをブログに付けてみた

公開日: : wordpressカスタマイズ

 Rss(フィード)は使ってる人には便利な機能らしい。

 RSSを利用するといろいろなサイトの更新情報が管理できるんだって。

 普通RSSリンクをクリックすると、利用するRSSリーダーが複数選べるようになっている。

 RSS登録する人が自由にRSSリーダーを選べば良いわけだが、RSSリーダーの選択をわざわぞするより、よく使われているRSSリーダーに直接登録できるようにしたほうがユーザーフレンドリーかも。

 数あるRSSリーダー(フィードリーダー)の中でもよく使われているのがfeedlyというサービスらしい。

スポンサーリンク

フィードリーダーfeedlyの特徴

OSを問わない

 feedlyはインターネットに接続できればOSを問わず利用できる。

 Windows、Mac、iPhone/iPad、Androidどのデバイス・どのOSでも利用が可能だ。

 とにかくインターネットに接続できる環境なら利用ができる。

feedlyには特別な登録は必要ない

 feedlyはGoogle・Twitter・ Facebook・Microsoftのいずれかのアカウントを持っていればすぐに使用できる。

 これでYahoo!のアカウントでの利用は不可。

 サイトにfeedlyのサイト登録用のボタンを設置するにも、特に何かを登録する必要がない。

 サイトに登録用ボタンを設置する場合はGoogle・Twitter・ Facebook・Microsoftのアカウントがなくても簡単にボタンを作って設置することができる。

feedlyのサイト登録用のボタンを収得する

1、feedlyにアクセス

2、「Step 1: Select your design」で設置したいfeedlyのボタンを選ぶ。

feedly登録用ボタンを作るStep 1: Select your design

3、「Step 2: Insert your feed URL」のボックスにfeedlyボタンを設置したいサイトのURLを記入する。

feedly登録用ボタンを作るStep 2: Insert your feed URL

4、画面上どこでも良いのでマウスでクリックすると入力が確定する。

5、「Step 3: Copy and embed the HTML code snippet」の下のボックスにfeedlyボタンを設置するためのHTMLが表示される。

6、ボックス内を全てコピー。

7、サイトの任意の位置に貼り付ける。

feedly登録用ボタンの設置Step 3: Copy and embed the HTML code snippet

feedlyボタンを設置するだけで訪問者が増えるわけではないけれど

 feedlyなどのフィードリーダボタンをつけるだけで訪問者が増えるわけではない。

 でも、ちょっとでもユーザーフレンドリーになれば段々訪問者が増えて行く可能性はある。

 できたfeedlyの登録ボタンがした。

follow us in feedly

 実際に利用するときはスタイルシートで上下の余白などを指定したほうがいいと思う。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のSNS追尾ボタンを削除

 STINGER3のSNS追尾ボタン(ツイッターとかのボタン)を削除しよう。  ページに浮き上がっ

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

広告やSNSボタンをサイトに表示するためのテンプレートタグ

 wordpressのテーマによっては広告やSNSボタンををあらかじめ入れておくためのphpファ

記事を読む

wordpressカスタマイズ

表示設定の設定記事数を超えてもカテゴリー別全記事一覧が表示されるコード

 表示設定の設定記事数を超えてもカテゴリー別全記事一覧が表示されるコードを発見。  コードその

記事を読む

wordpressカスタマイズ

ナビゲーションバーに表示するカスタムメニューを選択できるようにする

 WordPressのテーマの中には、カスタムメニューを複数作っても、ナビゲーションバーに設定す

記事を読む

wordpressカスタマイズ

タグ一覧を作ろう2

 タグ一覧作成NO2 。  前回のタグ一覧だと、50音順の並び替えができないようだったので、タグク

記事を読む

wordpressカスタマイズ

特定のカテゴリーのカテゴリー名とカテゴリーに含まれる記事の一覧を作る

 特定のカテゴリーのカテゴリー名とカテゴリーに含まれる記事の一覧を作ってみよう。  このコード

記事を読む

wordpressカスタマイズ

全記事一覧をカテゴリー別に表示させる2

 カテゴリー別全記事一覧を作りたい。  前回参考にしたサイトさんの公開コードではうまくいかなか

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

カテゴリー一覧の親カテゴリーの文字サイズを変更する

 サイドバーのPC表示の親カテゴリーのみフォントサイズを大きくした。  使っているテーマはSTIN

記事を読む

wordpressカスタマイズ

プラグインを使わない記事一覧

 プラグインなしの記事一覧をあきらめ切れなかったので、今度はこんな風にしてみた。  更新日時順

記事を読む

wordpressカスタマイズ

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  でも、プラグインには「開発や更新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑