リンク切れをチェックするプラグインBroken Link Checkerの使い方

公開日: : 最終更新日:2014/10/30 あると便利なプラグイン , ,

 ワードプレスには便利なプラグインがいろいろある。

 リンク切れをチェックするプラグインBroken Link Checkerも非常に便利なプラグインのひとつ。

 無料ブログにはこういった機能はないもんね。

 ブログを長く書いていると、必ずリンク切れって出てくる。

 そのままにしておくとSEO的にもマイナスになるとかって話しだ。

スポンサーリンク

 

リンク切れをチェックするプラグインBroken Link Checkerのインストール

 Broken Link Checkerのインストールもほかのプラグインと同じだ。

1、ワードプレスへログイン。

2、「プラグイン」⇒「新規インストール」をクリック。

3、検索ボックスの中に「Broken Link Checker」と記入してEnterキーを押す。

4、「今すぐインストール」をクリック。

5、『本当にインストールしてよいですか』と聞いてくるので「はい」をクリック。

6、「有効化する」をクイック。

 特に設定をしなくても使うことができる。

 なので、設定はまた後日。

Broken Link Checkerの使い方

1、Broken Link Checkerを有効化するとダッシュボードにBroken Link Checkerが表示され、リンクエラーがあるとリンクエラーの表示が出るようになる。

Broken Link Checker1導入時のダッシュボードの表示

Broken Link Checker1導入時のダッシュボードの表示

2、リンクエラーの部分をクリック。

3、エラーのでたURLが一覧表示される。

Broken Link Checker2リンクエラーの一覧

Broken Link Checker2リンクエラーの一覧

4、マウスをURLに近づけると、編集のメニューが出てくる。

 ここからURLの訂正をしたり、不要なURLを削除したり駕できる。

Broken Link Checkerマウスを近づけたところ

Broken Link Checkerマウスを近づけたところ

1)「URLを編集」をクリックするとリンクエラーの生じたURLを編集できる。

 正しいURLをボックス内に記入して更新ボタンを押す。

Broken Link Checker・URLの編集

Broken Link Checker・URLの編集

2)「リンク削除」をクリックすると、全ての記事jから表示のURLが削除される。

3)「リンクエラーではない」をクリックすると、リンクエラーが解除される。

 GoogleアドセンスなどのリンクはBroken Link Checkerでエラー表示されることがあるので、その場合などはこの「リンクエラーではない」をクリックすると、エラーが解除される。

4)「リンク切れから解除」は3)の「リンクエラーではない」に似ているが、リンクエラーのリストから削除されるのでなく非表示にする。

 次以降のチェックで変化があれば表示される。

5)【ソース】の下は記事のタイトルになる。

 タイトル部分かその下の「編集」をクリックすると、記事の編集画面が出てくる。

 「ゴミ箱」をクリックすると記事がゴミ箱に移動する。

 「表示」をクリックするとブログ上の該当記事が表示される。

編集時にURLの記載をミスしたときにもすぐ対応できる

 リンクのURLって、意外と記入を間違えてしまうことがある。

 そんな場合にもBroken Link Checkerがインストールされているとすぐに気が付いて変更できる。

 よそ様のサイト紹介などをしたときもリンクが切れていればチェックしてくれる。

 アフィリエイトで商品紹介などをしている場合でも、時間がたって商品リンクが切れたらリンクエラーとして報告してくれる。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SEO

検索エンジンのインデックスを早くしてくれるプラグイン

 クローラーが訪問する前に記事の更新を検索エンジンに知らせる仕組みとして「PuSHPress」と

記事を読む

wordpress表示速度改善

目次プラグインTable of Contents Plusで遅くなったサイト表示を早くする

  目次を入れるプラグインTable of Contents Plusのスタイルシートがページの読み

記事を読む

wordpressプラグイン

ビジュアル投稿の拡張プラグイン3つをWordPress4.0で試してみた

 WordPressの投稿の編集「ビジュアル」の使い勝手を良くするプラグインを導入したいと思う。

記事を読む

wordpressプラグイン

PS Auto Sitemap・記事一覧を作るwordpress用プラグイン

 wordpress用プラグインPS Auto Sitemapで記事の一覧を作ろう。  PS Au

記事を読む

wordpress表示速度改善

WordPressテーマPrincipleの表示速度を速くする

 管理しているサイトのひとつに「Principle(プリンスプル)」というテーマを使っている。

記事を読む

wordpressテキストビジュアルボタン

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新やプラグインの更新が大量に発生し

記事を読む

wordpressプラグイン

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中身が何なのかわかりにくいのが難

記事を読む

wordpressプラグイン

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが沢山くる。  コメントスパム

記事を読む

wordpressプラグイン

ダウンロードページを作るプラグインWordPress Download Manager

 せっかくwordpressの子テーマの作り方を覚えたことだし、ほかの人にも子テーマをおすそ分け

記事を読む

Crayon Syntax Highlighterr表示

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説する機会が多い人には便利なプラグ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑