ワードプレスのログイン用URLを忘れたときのログイン法

 ワードプレスの場合基本的にサーバーにワードプレスをインストールしたときに管理画面へのログイン用URLを提示される。

 このワードプレスのログイン用URLは、そのブログ固有のものでほかのブログのID・パスワードを入力してもエラーになる。

 ワードプレスを使い始めたばかりのころ、「ログイン用のURLを忘れてワードプレスの管理画面にログインできなくなった」とばかなことを良くやった。

 というわけで今日は、ワードプレスの管理画面のログイン用URLを忘れて待ったときの対処方法をご紹介。

スポンサーリンク

ワードプレスのログイン用URLの構造

 ワードプレスの管理画面へログインするためのURLには2種類ある。

1、http://ブログのURL/ wp-login.php

2、http://ブログのURL/wp-admin

 で、wp-adminとwp-login.phpの違いはどうなのかという、これがどうも良くわからない。

 でも、基本的にはwp-adminとwp-login.phpのどちらかでワードプレスの管理画面へのログイン画面が出てくるはずだ。

「http://ブログのURL/ wp-login.php」「http://ブログのURL/wp-admin」でログインできない場合

 「http://ブログのURL/ wp-login.php」「http://ブログのURL/wp-admin」でログインできない場合いろいろなケースが考えられる。

 以下はおいらが経験したケース。

function.phpをカスタマイズしたらログイン画面に入れなくなった。

 ワードプレスのログイン画面に入れなくなる原因の90%はfunction.phpをカスタマイズした後にログインできなくなるケース。

 この場合は、ログイン画面そのものが出なくなる。

 対処方法としては、FTPクライアント(ソフト)でデフォルトのfunction.phpをサーバーにアップロードして上書きすればログインできるようになる。

 予防としては、function.phpは、ワードプレスの「テーマの編集」でいじらず、サーバーのfunction.phpでカスタマイズすることだ。

 function.phpのカスタマイズ後にワードプレスの管理画面にログインできなくなったときの詳しい対処方法はこちらの過去記事を見てね

wordpressの一般設定で「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」を書き換えたらログインできなくなった

 wordpressの一般設定で「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」をついうっかり書き換えてしまうと管理画面にログインできなくなる。

 アドレスを書き換えてしまってワードプレスの管理画面にログインできなくなったときの対処方法はこちら見てね

プラグインとテーマの相性が悪い場合

 プラグインを入れたらワードプレスの管理画面が表示されなくなってしまったというケースもある。

 プラグインを入れたらワードプレスの管理画面に入れなくなった場合の対処方法はこちらの過去記事見てね

500Internal Server Error

 500Internal Server Errorでワードプレスのログイン画面が表示されなくなった場合、時間を置くのが一番良いかも。

 時間を少し置いてからログインできないようならサーバーへ問い合わせをする。

ほとんどの場合必ず対処方法はある

 ワードプレスそのものを削除した場合は中身は復旧できないけど、ワードプレスのログイン画面が表示されないトラブルには、ほとんどの場合対処方法はある。

 あわてないでインターネットの検索などで調べよう。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

MySQL

WordPressにログインしようとしたら「データベース接続確立エラー」がでた場合の対処方法

 「データベース接続確立エラー」がでた場合の対処方法。  おいらが管理しているブログで「データ

記事を読む

wordpressプラグイン

500Internal Server ErrorでWordPressの管理画面に入れなくなったら一番初めにすべきこと

 500Internal Server ErrorでWordPressの管理画面に入れなくなった

記事を読む

wordpressカスタマイズ

wordpressの管理画面に入れなくなった・バックアップなしでも復旧できる

 wordpressの管理画面に入れなくなった。  そんな場合の対処方法。  いくつかあるの

記事を読む

wordpressプラグイン

プラグインNo Self Pingsをインストールしたら管理画面にログインできなくなった

 wordpressプラグインNo Self PingsはSTINGER3にはインストールしちゃ

記事を読む

wordpress基本設定

決定版!wordpressの一般設定でアドレスを書き換えてしまってログインできない場合の対処

 wordpressの一般設定で「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑