リストなしで大丈夫FC2ブログの記事転送meta http-equiv="refresh"

 FC2ブログのワードプレス移転、いよいよ最終章。

 記事をmeta http-equiv="refresh"で新しいワードプレスブログに自動的に飛ばす。

 簡単に言えば、ひとつずつの記事を開いて、転送する記事ページのURLをmeta http-equiv="refresh"で指定するだけだ。

 まずはFC2ブログの記事とワードプレスの記事の対応リストを作るのが面倒な人向けの記事ページのmeta http-equiv="refresh"の設定の説明から。

 リストを作る時間を考えると、このやり方のほうが作業時間が短くすむかもしれない。

スポンサーリンク

 

記事のmeta http-equiv="refresh"の設定

 リストを作るのが面倒な人はワードプレスの管理画面で該当記事のタイトルを検索してURLをコピーして<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">の新しいブログの記事URLの部分に貼り付けてFC2ブログの各記事の冒頭に記入して保存する。

1、ワードプレスの【投稿】⇒【投稿一覧】をクリック。

2、FC2ブログの【記事の管理】⇒該当する記事のタイトルの横の【編集】をクリック。

記事のmeta http-equiv="refresh"FC2-1

refresh-FC2ブログ2

3、FC2ブログの記事タイトルをワードプレスの【投稿一覧】の検索ボックスに記入。

4、【投稿を検索】ボタンを押す。

5、該当する記事タイトルが表示されたら、そのタイトルをクリック。

ワードプレスrefresh

6、タイトルの下のURLをコピー。

ワードプレス2refresh

7、FC2ブログの該当記事にの本文の冒頭にワードプレスのコピーしたURLを入れたmeta http-equiv="refresh"を貼り付ける。

例)

<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">

ワードプレス3refresh

8、FC2ブログの記事を【記事を保存】で保存。

URL対応リストを作るよりこっちのほうが早いかも

 わざわざ、FC2ブログとワードプレ卯sのタイトルURLリストを作るより、FC2ブログとワードプレスのブログの両方を開いておいて、両方の画面で<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">を保存していったほうが早いかもしれない。

 テキストエディタに<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">を貼り付けておいて、「新しいブログの記事URL」の部分だけを書き換えて、FC2ブログの記事本文に貼り付けると面倒がない。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう

 FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう。  FC2ブログからエクスポートし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2に警察の捜査?FC2ブログは障害多発中?

 先日FC2の日本の運営会社と見られる「ホームページシステム」という大阪市北区のインターネット関

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導するJavaScript

 FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導する方法。  今回はjava

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

古いブログのほうを検索エンジンにインデックスさせない方法

 FC2ブログの記事をワードプレスに移したのは良いけれど、Googleなどの検索エンジンは前のF

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressのタイトルとURL一覧の入手法1・FC2ブログからWordPressへ

 FC2ブログから、WordPressへの引越し。  今回は、WordPressの記事のタイト

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログ画像をバックアップ

 FC2ブログからほかのブログにお引越し準備編。  今回は画像をFC2ブログからバックアップを

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

検索エンジンにサイトを拾われなくしておく方法・ブログの引越し

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

引越し先のWordPressのパーマリンク設定

 FC2ブログからWordPressへの引越し作業もだいぶ進んだ。  引越し先のWordPre

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログからWordPressの引越ししたサイトのアクセス数が増えている

 FC2ブログからWordpressの引越しした「使える無料ソフト&無料サービス」のアクセス数が

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

2つのブログのタイトルURLリストを対応させよう・WordPressへブログの引越し

 WordPressのタイトル・URLリストとFC2ブログのタイトル・URLリストを表計算ソフト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑