リストなしで大丈夫FC2ブログの記事転送meta http-equiv="refresh"

 FC2ブログのワードプレス移転、いよいよ最終章。

 記事をmeta http-equiv="refresh"で新しいワードプレスブログに自動的に飛ばす。

 簡単に言えば、ひとつずつの記事を開いて、転送する記事ページのURLをmeta http-equiv="refresh"で指定するだけだ。

 まずはFC2ブログの記事とワードプレスの記事の対応リストを作るのが面倒な人向けの記事ページのmeta http-equiv="refresh"の設定の説明から。

 リストを作る時間を考えると、このやり方のほうが作業時間が短くすむかもしれない。

スポンサーリンク

 

記事のmeta http-equiv="refresh"の設定

 リストを作るのが面倒な人はワードプレスの管理画面で該当記事のタイトルを検索してURLをコピーして<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">の新しいブログの記事URLの部分に貼り付けてFC2ブログの各記事の冒頭に記入して保存する。

1、ワードプレスの【投稿】⇒【投稿一覧】をクリック。

2、FC2ブログの【記事の管理】⇒該当する記事のタイトルの横の【編集】をクリック。

記事のmeta http-equiv="refresh"FC2-1

refresh-FC2ブログ2

3、FC2ブログの記事タイトルをワードプレスの【投稿一覧】の検索ボックスに記入。

4、【投稿を検索】ボタンを押す。

5、該当する記事タイトルが表示されたら、そのタイトルをクリック。

ワードプレスrefresh

6、タイトルの下のURLをコピー。

ワードプレス2refresh

7、FC2ブログの該当記事にの本文の冒頭にワードプレスのコピーしたURLを入れたmeta http-equiv="refresh"を貼り付ける。

例)

<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">

ワードプレス3refresh

8、FC2ブログの記事を【記事を保存】で保存。

URL対応リストを作るよりこっちのほうが早いかも

 わざわざ、FC2ブログとワードプレ卯sのタイトルURLリストを作るより、FC2ブログとワードプレスのブログの両方を開いておいて、両方の画面で<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">を保存していったほうが早いかもしれない。

 テキストエディタに<meta http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事URL">を貼り付けておいて、「新しいブログの記事URL」の部分だけを書き換えて、FC2ブログの記事本文に貼り付けると面倒がない。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressへ他社ブログからの引越し

検索エンジンにサイトを拾われなくしておく方法・ブログの引越し

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2に警察の捜査?FC2ブログは障害多発中?

 先日FC2の日本の運営会社と見られる「ホームページシステム」という大阪市北区のインターネット関

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

meta http-equiv="refresh"でFC2ブログの記事以外のページをWordPressに自動的に転送する・修正

 2つのブログのタイトルとURLが合致したリストができたら、今度はリダイレクトをしよう。  FC2

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をWordPressにインポートする前に入れておいたほうがいいプラグイン

 FC2ブログからWordPressへのお引越し。  今回は、WordPress側の設定。

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2ブログの方はプラグインへ「me

記事を読む

ブログ引越し

記事ページ以外のページ訪問者を新しいブログに誘導する-FC2ブログからWordPressへの引越し

  FC2ブログの記事ページ以外を新しいWordpressのブログに引越しするさい、旧記事ページ

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressのタイトルとURLリストを加工する2・FC2ブログからWordPressへ引越し作業

 WordPressのタイトルとURL一覧を入手したらテキストエディタに貼り付けてcsvファイル

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事のバックアップファイルをWordPress用に編集しよう

 FC2ブログからWordPressへブログの引越しをしよう。  前回は、FC2ブログの記事を

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をバックアップしよう

 FC2ブログからWordPressにブログを引っ越そう。  今回はブログの肝、それぞれの記事

記事を読む

ブログ引越し

FC2ブログの記事ナンバーを利用してWordPressに自動的に訪問者を誘導する

 FC2ブログとWordpressのURL構造がわかったらWordpressのスラッグを設定しよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑