カテゴリーを一覧表示するページを作ろう

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 wordpressカスタマイズ ,

 WordPressのカテゴリー一覧を表示するページを作ってみよう。

 以前のWindowsのメモ帳で新しくphpファイルを作るって言う話を書いたけど、カテゴリー一覧ページも要領は同じだ。

 phpファイルを新しく作って、そのphpファイルの中にカテゴリー一覧を表示する記述を書き加える。

 さらに、そのphpファイルをサーバーにアップロードする。

 今回はWindowsのメモ帳ではなく、文字コードや改行コードを指定できるテキストエディタMKEditorを利用する。

スポンサーリンク

テキストエディタにWordPressのカテゴリー一覧ページにカテゴリー一覧を表示する記述

1、テキストエディタを開く。

2、テキストエディタの中に以下の記述を記載する。

<?php
/*
Template Name:ファイル名(英数字)
*/
?>
<?php get_header(); ?>
<?php
$cat_all = get_terms( "category", "fields=all&get=all" );
foreach($cat_all as $value):
?>
<p><a href="<?php echo get_category_link($value->term_id); ?>"><?php echo $value->name;?></a></p>
<?php endforeach; ?>
<?php get_footer(); ?>

3、【ファイル】⇒【名前をつけて保存】をクリック。

4、『ファイル名』に英数字でファイル名をつけて、拡張子「.php」を付け加える。

5、『ファイルの種類』のボックスの▼をクリックして、「全てのファイル」を選択。

6、『文字コード』の▼をクリックして「UTF-8(DONなし)」を選択。

7、『改行コード』を「LF」にして保存ボタンを押す。

 パンくずリストなどを入れたい場合には<?php get_header(); ?>の下にパンくずリストのテンプレートタグを付け加える。

レンタルサーバーへファイルをアップロードする

 ミニバードでの方法について説明する。

 ミニバードでなくても、基本的に同じだと思う。

1、サーバーへログイン。

2、【サーバー管理ツール】をクリック。

3、【FTPアカウント設定】をクリック。

4、対象ドメインを選択。

5、【WebFTP】のログインボタンをクリック。

 サーバーのファイルマネージャーが開く。

6、複数のサイトを管理している場合は「ディレクトリーツリー」の対象サブドメインのフォルダをクリック。

 このサイトの場合なら「wordpress.0hs.org 」のフォルダになる。

7、【wp-content】のフォルダをクリック。

8、【themes】のフォルダをクリック。

9、使っているテーマ名のフォルダをクリック。

10、【アップロード】をクリック。

11、【参照】ボタンをクリック。

12、保存したファイルを選択して【アップロード】ボタンをクリック。

1、メモ帳からphp-メモ帳ファイルのアップロードが完了

13、【確定】ボタンを押す。

14、「変更を確定します」でOKをクリック。

カテゴリー一覧を表示させよう

1、【固定ページ】⇒【新規追加】をクリック。

2、画面横に「ページ属性」【テンプレート】の選択画面があるので、カテゴリー一覧のコードを書き込んだテンプレートを選択する。

プラグインを使わない記事一覧-固定ページ

3、タイトルをつけて[ 公開]ボタンを押す。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpressカスタマイズ

画像でRSSボタンを表示させるには?

 現在このブログではRSSボタンをスタイルシートで作っている。  では、画像でRSSボタンを表

記事を読む

wordpressカスタマイズ

表示設定の設定記事数を超えてもカテゴリー別全記事一覧が表示されるコード

 表示設定の設定記事数を超えてもカテゴリー別全記事一覧が表示されるコードを発見。  コードその

記事を読む

wordpressカスタマイズ

Windowsのメモ帳でwordpressのphpファイルを新しく作ろう

 Windows付属のメモ帳はwordpressのphpファイルの作成には向いてない。  けど

記事を読む

wordpressカスタマイズ

記事一覧を更新順位に並べ替えるカスタマイズ

 プラグインを使わない記事一覧シリーズ。  前回のコードでは更新日順に記事一覧を並べることがで

記事を読む

wordpressカスタマイズ

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  でも、プラグインには「開発や更新

記事を読む

wordpressカスタマイズ

WordPressテーマPrincipleのサイト幅とアイキャッチ画像の大きさを変える

 PrincipleというWordPressのテンプレートを使い始めた。  Principle

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

wordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を削除する方法

 PC表示でもwordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッ

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3の「もっと見る」のアンカーテキストにブログタイトルを含める

 STINGER3サイドバーの「もっと見る」をブログネームを含んだ文字にSEO対策をかねて変えてみよ

記事を読む

wordpressカスタマイズ

ウィジェットを使わずカテゴリー一覧を表示させる

 ウィジェットを使わずにカテゴリー一覧を作ってみる。  ウィジェットを使わないほうが表示が速く

記事を読む

wordpress条件分岐

wordpressのページによって表示を変える条件分岐タグ

 wordpressの条件分岐を覚えておくと便利だ。  条件分岐というのは「○○のなら××を表

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑