meta http-equiv="refresh"でFC2ブログの記事以外のページをWordPressに自動的に転送する・修正

 2つのブログのタイトルとURLが合致したリストができたら、今度はリダイレクトをしよう。

 FC2ブログに訪問したらWordPressの該当記事に自動的にジャンプするように設定する。

 いろいろと方法があるのだが今回はmeta http-equiv="refresh" content="0;
URL=新しいURL"を使ってFC2ブログに訪問してくれた人を新しいWordPressのブログに誘導する。

スポンサーリンク

meta http-equiv="refresh" を利用したリダイレクトのメリット

 meta http-equiv="refresh"
を利用したリダイレクトは転送時間を0秒に指定すると301リダイレクトとほぼ同等に扱われる。

 転送時間を多くすると「一時的な転送」・302リダイレクトとして扱われる。

 ただし、301リダイレクトと違って検索エンジンによっては正しく『301リダイレクト』と判断してくれないこともある。

301リダイレクトの役割

  301リダイレクトには大きく分けて2つの役割がある。

  • 301リダイレクトは、旧サイトの訪問者を新サイトに誘導する。
  • 301リダイレクトは検索エンジンへサイト移転を知らせる。

 301リダイレクトでリダイレクトした場合、その記事に付いたページランクなどの評価もある程度新サイトへ引き継がれる。

 301リダイレクトで卑屈がれる評価は、100%ではないが、できれば、301リダイレクトをサイト引越しには大いに利用したい。

 が、FC2ブログのような無料ブログでは301リダイレクトを利用できない。

 でその代わりになるのがmeta http-equiv="refresh"。

FC2ブログにmeta http-equiv="refresh"を設定するときの注意

 FC2ブログにmeta
http-equiv="refresh"を設置する場合、記事とそのほかのページ(TOPページ・カテゴリー・タグ・アーカイブ・記事一覧)と記事のページは別に考えて設置する。

 また、FC2ブログのテンプレートにはmeta http-equiv="refresh"が設置できない!

meta http-equiv="Refresh" の設定場所

記事以外のmeta http-equiv="Refresh" の設定場所

 FC2ブログの場合、記事以外のmeta http-equiv="Refresh"
はプラグイン(フリーエリア)に記述する。

個別記事のmeta http-equiv="Refresh" の設定場所

 一つ一つの記事を開いてその記事の冒頭にmeta http-equiv="Refresh" を設定する。

 これがものすごく手間がかかる。

プラグインに設定するmeta http-equiv="Refresh" のHTML

 FC2ブログなどの無料ブログの場合、個別記事ページ以外のページを指定してmeta
http-equiv="refresh"でそれぞれ飛ばすのは大変。

 なので、FC2ブログの変数を利用してすべてTOPページに飛ばしてしまう。

 あるいは、カテゴリー一覧やタグ一覧・アーカイブ一覧・全記事一覧のページなどをWordPress側で作ってある人は、それぞれ、FC2ブログの条件分岐で該当するページに飛ばすと良いかも。

<!--refresh -->
<!--not_titlelist_area-->
<!--not_permanent_area--><!--not_date_area-->
<meta
http-equiv= "Refresh"content="0;URL=新しいブログのURL"><!--/not_date_area-->
<!--/not_permanent_area-->
<!--/not_titlelist_area-->
<!--titlelist_area--><meta
http-equiv=
"Refresh"content="0;URL=新しいブログの記事一覧ページのURL"><!--/titlelist_area-->
<!--date_area-->
<meta
http-equiv=
"Refresh"content="0;URL=新しいブログの年月別archiveページのURL"><!--/date_area-->
<!--/refresh -->

 これで、カテゴリーとタグページは新しいブログのtopページにジャンプする。

 年月別のarchiveは、年月のリストページに。

 全記事一覧は新しいブログの記事一覧ページに飛ぶ。

プラグインのmeta http-equiv="refresh"の設置方法

1、FC2ブログのプラグインを開く。

2、すでに設置してあるプラグイン(どれでもいい)をクリック。

3、【HTMLの編集】をクイック。

4、もともと書いてある記述の上でも下でも良いが、上記の記述を書き込む。

5、【更新】ボタンを押す。 

*新しいブログのTOPページのURLはhttp://を含んだものを記入する。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう

 FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう。  FC2ブログからエクスポートし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

リストなしで大丈夫FC2ブログの記事転送meta http-equiv="refresh"

 FC2ブログのワードプレス移転、いよいよ最終章。  記事をmeta http-equiv="

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事のバックアップファイルをWordPress用に編集しよう

 FC2ブログからWordPressへブログの引越しをしよう。  前回は、FC2ブログの記事を

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログからWordPressの引越ししたサイトのアクセス数が増えている

 FC2ブログからWordpressの引越しした「使える無料ソフト&無料サービス」のアクセス数が

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

2つのブログのタイトルURLリストを対応させよう・WordPressへブログの引越し

 WordPressのタイトル・URLリストとFC2ブログのタイトル・URLリストを表計算ソフト

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログ画像をバックアップ

 FC2ブログからほかのブログにお引越し準備編。  今回は画像をFC2ブログからバックアップを

記事を読む

ブログ引越し

FC2ブログの記事ナンバーを利用してWordPressに自動的に訪問者を誘導する

 FC2ブログとWordpressのURL構造がわかったらWordpressのスラッグを設定しよ

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導するJavaScript

 FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導する方法。  今回はjava

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

検索エンジンにサイトを拾われなくしておく方法・ブログの引越し

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2ブログの方はプラグインへ「me

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑