FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導するJavaScript

 FC2ブログに訪問した人を自動的にWordPressの記事に誘導する方法。

 今回はjavascriptを使って旧ブログに訪問した人を新しいサイトに誘導する方法。

  2つのブログのタイトルとURLが合致したリストができたら、今度はそのリストを使って、旧ブログ(FC2ブログ)の記事をWordPressの記事に自動的に移動するjavascriptを作る。

スポンサーリンク

導入するスプリクト

<script type='text/javascript'>
//<![CDATA[

var url_array = [
["http://旧URL", "http://移転先URL"],
["http://旧URL", "http://移転先URL"],
];

var now_url = window.location.href.toString();

for(i=0; url_array.length;i++){
if (now_url.indexOf(url_array[i][0])!='-1'){
window.location.href = url_array[i][1];
break;
}
}

//]]>
</script>

 この記述をFC2ブログのプラグインか、最新の記事に貼り付けると、 ["http://旧URL", "http://移転先URL"]で指定したURLが自動的にジャンプする。

 元記事のほうは、『テンプレートの<head></head>の間に貼り付ける】と書いてあったのだが、<head></head>に記述しても、記事は移動しなかった。

 理由は不明。

2つのタイトルURLリストを ["http://旧URL", "http://移転先URL"]になるように加工する

表計算ソフトでの処理

1、2つのブログのタイトルとURLが合致したリストを開く。

2、「タイトル」のセルを右クリック⇒『セルの削除』。

3、「番号」のセルを右クリック⇒『セルの削除』。

4、URLの前のに列を挿入し、セルに[を記入しておく。

5、URLの後ろの列に]を記入。

6、保存しておく。

sheetをcsvでサイド保存

1、【ファイル】⇒【名前をつけて保存】をクリック。

2、【ファイルの種類】を『テキスト.csv』にする。

3、『ファイル名』をつけて【保存】ボタンを押す。

4、『選択した書式を保持』をクリック。

5、『フィードの区切り文字』を半角カンマ,で指定。

6、『テキストの区切り文字』を"に指定。

7、『全てのテキストをダブルクォーテーションで囲む』にチェックを入れる。

8、【OK】をクリック。

テキストエディタでcsvファイルを加工

 テキストエディタで保存したリストを["http://旧URL", "http://移転先URL"]になるように加工する。

1、テキストエディタでリストのcsvファイルを開く。

2、"[","を置き換え機能で["に置き換える。

3、","] "を置き換え機能で"]に置き換える。

4、名前をつけて保存。

csvファイルをjavascriptに貼り付けFC2ブログのプラグインまたは最新記事に貼り付ける

1、["http://旧URL", "http://移転先URL"]の方になったリストを、javascriptの中に貼り付ける。

2、FC2ブログの最新記事またはプラグインのエリアにjavascriptを貼り付ける。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう

 FC2ブログの記事をWordPressにインポートしよう。  FC2ブログからエクスポートし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

meta http-equiv="refresh"でFC2ブログの記事以外のページをWordPressに自動的に転送する・修正

 2つのブログのタイトルとURLが合致したリストができたら、今度はリダイレクトをしよう。  FC2

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

古いブログのほうを検索エンジンにインデックスさせない方法

 FC2ブログの記事をワードプレスに移したのは良いけれど、Googleなどの検索エンジンは前のF

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事のバックアップファイルをWordPress用に編集しよう

 FC2ブログからWordPressへブログの引越しをしよう。  前回は、FC2ブログの記事を

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

WordPressのタイトルとURL一覧の入手法1・FC2ブログからWordPressへ

 FC2ブログから、WordPressへの引越し。  今回は、WordPressの記事のタイト

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

検索エンジンにサイトを拾われなくしておく方法・ブログの引越し

 FC2ブログの記事のURLとWordPressの記事を対応させてFC2ブログの記事にアクセスし

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログからWordPressへ内部リンクの処理

 FC2ブログからWordPressへの引越し作業のうち、一番面倒なのが内部リンクの処理。  

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2ブログの記事をバックアップしよう

 FC2ブログからWordPressにブログを引っ越そう。  今回はブログの肝、それぞれの記事

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

FC2に警察の捜査?FC2ブログは障害多発中?

 先日FC2の日本の運営会社と見られる「ホームページシステム」という大阪市北区のインターネット関

記事を読む

WordPressへ他社ブログからの引越し

2つのブログのタイトルURLリストを対応させよう・WordPressへブログの引越し

 WordPressのタイトル・URLリストとFC2ブログのタイトル・URLリストを表計算ソフト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑