プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。

 でも、プラグインには「開発や更新が突然止まる」という恐ろしい落とし穴がある。

スポンサーリンク

プラグインの開発が止まると

 ソースコードをそのまま表示させるプラグインを使っていて、Wordpressのバージョンに対応できなくなると、表示はむちゃくちゃになるというのは簡単に想像できる。

 もちろん、その他のプラグインでも同じような危険をはらんでいるわけだけど。

 ソースコードをプラグインで表示させている場合、もしプラグインを利用していてプラグインが使えない状況になったら表示はむちゃくちゃ。

 それを修正するのはものすごく大変そうだ。

 というわけで、このブログでソースコードをご紹介するときにはプラグインを使っていない。

preやcodeを使うと

 pre・codeといったコードを使うとソースコードをある程度までそのまま表示できるようになるのだが、そのまま表示できないものもある。

 例えば<>で囲まれたコード。

 <>で囲まれたコードは、「エンティティ文字に置き換える」ということをしないと表示できない。

 <>の場合は&lt;&gt;に置き換えてあげるということをしないといけない。

 もちろん世の中には「エンティティ文字に置き換える」アプリやウェブサイトもあるのだが・・・。

 実はそんなことをしなくてもスタイルシートとWordpressのビジュアル・テキスト入力モードの切り替えでソースコードの表示自体はそれなりにできる。

WordPressの迷惑機能は停止しておこう

 事前の準備としてWordpressの迷惑機能は停止しておこう。

 Wordpressには

  • HTMLタグを中途半端に自動整形する
  • ダブルクォーテーション"が半角から全角に自動変換する

 という大変迷惑な機能がある。

 この二つの迷惑機能を停止しておこう。

 以下の記事参考にしてね。

 wordpressで記事を書く前に自動整形をとめるプラグインをインストール

 ダブルクォーテーション「"」が半角から全角に自動変換される

  これだけしておけばWordpressのビジュアルモードでソースソースコードを記載すれば、WEB上にソースコードがそのまま表示される。

 でも、これだけだと、表示させたいソースコード部分がわかりにくい。

  そこで内部スタイルシートでソースコードを記入した部分を装飾する。

内部スタイルシートはクイックタグで一発挿入

 内部スタイルシートをいちいちWordpressの投稿時に書き込むのも面倒だ。

 個々は投稿の編集のテキストモードからクリックだけで挿入できるようにしておくと楽。

 wordpressで記事を書く前に自動整形をとめるプラグインをインストール

 ダブルクォーテーション「"」が半角から全角に自動変換される

 に対処してあればビジュアルモードからテキストモードを切り替えても大丈夫なので安心して利用できる。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpressカスタマイズ

特定のカテゴリーのカテゴリー名とカテゴリーに含まれる記事の一覧を作る

 特定のカテゴリーのカテゴリー名とカテゴリーに含まれる記事の一覧を作ってみよう。  このコード

記事を読む

wordpressカスタマイズ

カテゴリーを一覧表示するページを作ろう

 WordPressのカテゴリー一覧を表示するページを作ってみよう。  以前のWindowsの

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3サイドバーのリンクボタン化

 スマートフォンでのカテゴリー一覧のをリンクボタン化してタップしやすくしよう。  STINGER3

記事を読む

wordpressカスタマイズ

WordPressテーマPrincipleのサイト幅とアイキャッチ画像の大きさを変える

 PrincipleというWordPressのテンプレートを使い始めた。  Principle

記事を読む

ファビコンの見本

Favoriteを設置しよう

 wordpressにファビコンを設置してみよう。  ファビコンはブラウザのタブに表示されるア

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のトップページやアーカイブ(カテゴリ・タグ・月別)の1記事表示文字数を変える

 STINGER3のトップページやアーカイブ(カテゴリ・タグ・月別)はデフォルトでは要約が表示される

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3の【NEW ENTRY】の表示数を変更する

 STINGER3のサイドバー一番上【NEW ENTRY】の表示数を変えてみよう。  デフォルトの

記事を読む

no image

タグ一覧を作ろう1

 タグ一覧を作ろうと思う。   タグクラウドでなくタグ一覧。   何でタグ一覧を作りたいかといえ

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のサイドバーの【NEW ENTRY】を日本語にする

STINGER3のサイドバーの【NEW ENTRY】を日本語にする。  wordpressテーマS

記事を読む

wordpressカスタマイズ

プラグインを使わない記事一覧

 プラグインなしの記事一覧をあきらめ切れなかったので、今度はこんな風にしてみた。  更新日時順

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑