1つのMySQL(データベース)で複数のWordPressブログを作ろう

 WordPressを手動でサーバーにアップロードしてみよう。

 1つのMySQL(データベース)で複数のWordPressブログを作りたい場合などは、サーバーの「簡単インストール」が使えない。

*簡単インストールでWordpressをインストールしたデータベースの中には2つ目のWordpressを手動でインストールすることはできる。

 こんなときは手動でWordPressをインストールすれば、1つのMySQL(データベース)で複数のWordPressブログを作ることができる。

スポンサーリンク

 

WordPressをダウンロード

  1. WordPressを日本語公式サイトからダウンロード
  2. ZIPファイルをダブルクリックして解凍。
  3. できた『WordPress』フォルダをパソコンの任意の場所に保存。

サブドメインを登録しよう

  1. ミニバードへログイン後「サーバー管理ツール」をクリック。
  2. 画面をスクロールして、下のほうに【ドメイン】の「サブドメイン設定」をクリック。

    1)ミニバードセブドメイン設定

  3. 元になる独自ドメインを選択。

    2)ミニバードセブドメイン設定

  4. サブドメインにしたい英数字を入れる。
  5. メモが必要ならメモの欄も記入する。
  6. 「確認画面」をクリック。

    3)ミニバードセブドメイン設定

  7. 「確定する」をクリック。

    4)ミニバードセブドメイン設定

サーバーのMySQL(データベース)の設定をしよう

  1. ミニバードへログイン後「サーバー管理ツール」をクリック。
  2. データベースの設定をクリック。
  3. MySQLのパスワードがわからない場合は、MySQLの【パスワード変更】をクリック。
    MySQL(データベース)の設定
  4. パスワードを入力し【確認画面】のボタンをクリック。
  5. 確認画面が出てくるので、確認して確定する。
  6. *ここで入力したパスワードは後で利用するのでメモしておくこと。

WordPressをインストールする(サブ)ドメインのフォルダにアップロード

  1. FTPソフトを起動させサーバーに接続する。
  2. (サブ)ドメインのフォルダを開く。
  3. 「index.html」と「default_page. png」があった場合は削除する。
  4. WordPressをインストールする(サブ)ドメインのフォルダの中に解答した『WordPress』の中身を全てアップロードする。

WordPressの設定

  1. WordPressをインストールしたドメインの頭にhttp://をつけてブラウザのURL欄に入力し移動。
     例)http://ドメイン
    *「http://ドメイン」でインストール画面が始まらない場合の対処方法はこちら
  2. 『さあはじめましょう』のボタンをクリック。
    WordPress › 設定構成ファイル
  3. 各項目を記入して【送信】
    [データーベース名]⇒レンタルサーバーで作成したデータベースの名前。
    [ユーザー名]⇒MySQLのユーザー名
    [パスワード]⇒MySQLのパスワード。
    [データーベースのホスト名]⇒サーバーのMySQL情報の「MySQLホスト名」
    [テーブル接頭辞]⇒wp部分を任意の文字に書き換える。
    【送信】ボタンをクリック。
    WordPress › 設定構成ファイル
  4. 【インストール実行】をクリック。
  5. サイト名などを記入して行し、【WordPressをインストール】をクリック。
    WordPress › インストール
  6. 【ログイン】ボタンをクイック。
  7. ログイン画面が現れるので、ユーザー名とパスワードを入力して【ログイン】ボタンをクリック。

 これで、WordPressの管理画面に入ることができる。

 後は、「http://ドメイン/ wp-login.php」か「http://ドメイン/wp-admin」をブラウザで開けばWordPressの管理画面に入ることができる。

「簡単インストール」でWordpressをインストールしたデータベースに手動で2つ目のWordpressをインストールする方法

 「簡単インストール」でWordpressをインストールしたMySQL(データベース)にもうひとつWordpressをインストールする場合でも基本的な操作は、Wordpressを手動でインストールする方法と同じだ。

 要は、もうひとつWordpressを対象ドメインのフォルダに入れて、ブラウザでWordpressの設定画面にアクセスする。

 そしてWordpressの設定画面でデータベースの設定を済ませて、Wordpressの接頭詞をWPから任意の接頭詞に書き換えるだけだ。

 接頭詞さえ違えば、簡単インストールでインストールしたWordpressが上書きされることはないのでご安心を。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpress基本設定

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのになぜかサイトが表示されない場合

記事を読む

MySQL

ワードプレスが手動インストールできない場合の対処方法

 ワードプレスを手動でアップロードして、「さあはじめましょう」の画面が出てこなかった場合の対処方

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑