トップページやアーカイブページの任意の記事の下に広告を入れる

公開日: : 最終更新日:2014/08/20 広告を入れるぞよ , , ,

 トップページやアーカイブページに複数の記事が表示されるように設定している場合に、任意の記事の下だけに広告を表示するようにしてみよう。

 基本は同じだが、テーマによってコードの記載の仕方が一寸違う。

 STINGER3とTwenty Fourteenの場合で任意の記事の下に広告などを入れる方法をメモしておく。

 もちろん、広告だけでなく画像や定型文を表示することも出来る。

スポンサーリンク

複数記事表示で任意の記事の下に広告を入れる方法・基本

1、while (have_posts()) : the_post();を探す。

2、while (have_posts()) : the_post();を以下の記述に書き換える。

while (have_posts()) : the_post(); $counter++;

3、書き換えた記述の下に以下の記述を追加する。

<?php if ($counter == 2) {
print <<<EOD
広告コードを挿入
EOD;
} ?>

 ひとつ目の記事の下に広告などが表示される。

 2つ目の記事の下に記事を表示したい場合場合数字を3へ変える。

  ($counter ==  2)に不必要なスペースなどが入るときちんと表示されないので注意。

複数記事表示で任意の記事の下に広告を入れる方法・STINGER3の場合

 <?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>を以下の記述に書き換える。

<?php if ( have_posts() ) : while (have_posts()) : the_post(); $counter++; ?>
<?php if ($counter == 2) {
print <<<EOD
広告コードを挿入
EOD;
} ?>

複数記事表示で任意の記事の下に広告を入れる方法・Twenty Fourteenの場合

 wordpressのデフォルトテーマTwenty Fourteenの場合はもう少し工夫がいる。

 Twenty Fourteenのトップページのphp(index.php)の該当部分を見ていると以下のような記述になっている。

<?php
   if ( have_posts() ) :
    // Start the Loop.
    while ( have_posts() ) : the_post();
     /*
      * Include the post format-specific template for the content. If you want to
      * use this in a child theme, then include a file called called content-___.php
      * (where ___ is the post format) and that will be used instead.
      */
     get_template_part( 'content', get_post_format() );
    endwhile;
    // Previous/next post navigation.
    twentyfourteen_paging_nav();
   else :
    // If no content, include the "No posts found" template.
    get_template_part( 'content', 'none' );
   endif;
  ?>

  【while ( have_posts() ) : the_post();】の部分は素直に【while (have_posts()) : the_post(); $counter++;】に書き換えればOK。

 でも、<?php if ($counter ==  2) {print <<<EOD広告コードを挿入EOD;} ?>をそのまま記入するとエラーになる。

 実際にTwenty Fourteenのテーマに貼り付けるのは以下の記述になる。

 if ($counter ==  2) {
print <<<EOD
広告コードを挿入
EOD;
}

 まとめると以下のようになる。

1、【while ( have_posts() ) : the_post();】を探す。

2、【while ( have_posts() ) : the_post();】を以下の記述に書き換える。

while (have_posts()) : the_post(); $counter++; if ($counter ==  2) {
print <<<EOD
広告コードを挿入
EOD;
}

 他のテーマはどうなのかわからないけど、皆様のご参考になれば。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpressに広告を表示する

広告を横に並べて表示

 今回は、広告を横に並べて表示してみる。  テーブルを使うと簡単なのだが、レイアウトにテーブル

記事を読む

WordpressテーマSimplicity

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。  見た目はごくシンプルなW

記事を読む

wordpressに広告を表示する

記事の途中で広告を入れるプラグイン

 wordpressで記事の途中で広告が入っているのを見たことがあると思う。  実はこのサイト

記事を読む

wordpressに広告を表示する

プラグインを使わずにWordPressの記事の中に広告を入れる方法

 Wordpressの単独記事の中に広告などを入れる場合方法はいくつかある。  今回はプラグイ

記事を読む

wordpressに広告を表示する

記事タイトルの上に広告を表示する・wordpressテーマSTINGER3

 wordpressテーマSTINGER3には、広告表示用のウィジェットが付いている。  でも

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のスマートフォン表示で広告が途中で切れるを解決

 STINGER3で広告を表示すると広告が半分に切れたりする。  プラグインやウィジェットを使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑