後悔しない独自ドメインの選び方

 独自ドメインをとろう。

 独自ドメインをとれば、サーバーの業者が廃業しても別のサーバーに引っ越せばブログを運用できる。

 でも、ちょっと待って!

 一口に独自ドメインといっても注意が要るぞ。

 今日は、独自ドメインをとるときに注意したいことをまとめてみた。

スポンサーリンク

特定のサーバーでしか使うことのできない独自ドメインに注意

 たとえば、FC2ブログ有料プランで無料でくれる独自ドメインなどがこの「特定の業者でしか使うことのできない独自ドメイン」にあたる。

 FC2ブログでは有料プランに切り替えると「○○.jp」というドメインを1年間無料で利用できる。

 が、このFC2ブログ有料プランの独自ドメイン相当曲者!

 実は、FC2ブログの中でしか利用できない。

 ほかにも有料レンタルサーバーで無料でもらえるようなドメインは、そのレンタルサーバーの中でしか使うことができないケースがほとんど。 

2年目から値段が跳ね上がる独自ドメインに注意

 どの会社で独自ドメインをとっても1年目の値段は安いケースがほとんどだ。

 問題は2年目以降のドメインの更新料。

 どこのドメイン業者(レジストリ)も1年目は安いが、2年目以降のドメインの更新料は多少高くなるケースがほとんどだ。

 中には、1年目は極端に安いが2年目以降の更新料が極端に高いというドメインも存在する。

 独自ドメインをとるときは、1年目の値段だけでなく2年目以降のドメイン更新料を確認してから取ろう。

 ちなみにドメインの値段は業者によってまちまち。

 2年目の更新料もまちまち。

他の業者に管理を移すことの出来ない独自ドメインに注意

 よその業者(レジストリ)に移管できないというドメインもある。

 初回の購入費用が安くても次年度からの更新料が高い業者の場合、次年度からの管理を他の業者にしたい場合もあるかも。

 そのときに、ドメインの移管が出来ないと後悔する。

 独自ドメインの中には、業者(レジストリ)を移せないものもある。

登録者情報公開代行が出来ない独自ドメインに注意

 ドメインの登録時、業者が自分の会社情報で登録してくれる場合が多い。

 これが登録者情報公開代行というもの。

 登録者情報公開代行が出来ないドメインを選ぶと、自分の個人情報を全世界に公開することになる。

日本語ドメインに注意

 日本語ドメインはわかりやすくて良い。

 が、弱点もある。

 日本語ドメインを選ぶと、そのドメインを利用したメールが使えない。

「○○.jp」に注意

 一般トップレベルドメイン「.com」「.net」「.info」「.org」「.biz」は、どこの業者でも管理を移すことが出来る。

 注意が要るのが「.jp」。

 「.jp」ならば問題なくどこの業者でも管理を移すことができる。

 問題は、「○○.jp」のようにjpの前に別の文字が入っている場合。

 たとえば「.都道府県.jp」「.co.jp」「or.jp」は収得した会社以外に管理を移動できなかったり、登録者情報公開代行が出来なかったりする。

ドメインの意味にも注意

 ドメインには固有の意味がある。

 ドメインによっては、登録者の住所に条件が付いたりすることもある様子。

 たとえば「特定の国」をあらわすドメインは、その国に住んでいないと利用できないケースもある。

 一般トップレベルドメイン「.com」「.net」「.info」「.org」「.biz」「.jp」にも本来は意味がある。

 ただ「.com」「.net」「.info」「.org」「.biz」「.jp」の場合は意味があっても特別その意味と合致していないサイトでもとることが出来る。

 たとえば、「org」はorganizationの略で非営利団体を表す。

 が、非営利団体でなくても利用できる。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

独自ドメインとレンタルサーバー

ドメインの管理とドメイン収得事業者のややこしい関係

 ドメインの取得業者には種類もいろいろあるようだ。  でも、ドメインの収得業者の種類をちょっと

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

サブドメインを作ろう

 独自ドメインはひとつとればサブドメインを作って別のブログをいくつでも作ることができる。  今

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

ネットオウル「スタードメイン」の無料レンタルサーバー

 おいらネットオウル株式会社のレンタルサーバーミニバード を使っている。   ネットオウル株式

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

Bloggerなら独自ドメインでのブログ運営が無料でできる

 Googleでもブログサービスをやってる。  しかも無料。  Bloggerというんだ。

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

ドメインやURLっていったい何?

 ドメイン、独自ドメインとかってよく聞くけど、そもそもドメインってなに?  ドメインっていった

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

1つの独自ドメインを複数サーバーで利用する

 独自ドメインやサブドメインを複数のサーバーで使うことはできるんだろうか?  たとえば、本来の

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

DNS設定を変えるときには慎重に・サイトが表示されなくなるかもよ

 ドメインを管理している会社でDNSの設定を変更した場合サイトがしばらく表示されなくなる。  

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

独自ドメインブログ運営のためのレンタルサーバー選び

 独自ドメインによるブログ運営のためのレンタルサーバーを選ぼう。  レンタルサーバーにもいろいろあ

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

独自ドメインメリットとデメリット

 独自ドメインを使うメリットってどこにある?  デメリットは無いの?  WordPressで

記事を読む

独自ドメインとレンタルサーバー

無料ブログFC2ブログの特徴

 無料ブログはそれほど知識が無くてもブログを作ることができる。  また、無料ブログの中にはHT

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑