function.phpを含めたwordpressの子テーマ化

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 はじめに子テーマを作ろう , , ,

 wordpressの子テーマを作ってみよう。

 今までは親テーマをカスタマイズしてきたけど途中から子テーマを作ろうと決意した。

 function.phpの子テーマの作り方があまり情報がなく苦労したが無事function.phpも子テーマ化できたので皆さんにご披露する。

スポンサーリンク

wordpressの子テーマの必要性

 wordpressのカスタマイズをするときには、子テーマを作ってそれをカスタマイズするのがベターなやり方だそうだ。

 テーマを直接バージョンアップするとカスタマイズした部分が上書きされてデフォルトのテーマになってしまうそう。

 要するに苦労してカスタマイズした部分がパアになってしまう。

 とはいえwordpress初心者がはじめから子テーマなどを作る知識があるわけは無し。

 たいていの人は親テーマのほうをカスタマイズしてる人がほとんどなんじゃないかと思う。

 おいらも直接テーマをいじっていた。

 親テーマを直接カスタマイズしてた場合の子テーマの作り方と適応の仕方と考えてみよう。

 先に今利用しているカスタマイズ済みのテーマをダウンロード。

 トラブルがあったときにも元のテーマをダウンロードしておけばすぐに元に戻せる。

カスタマイズ済みのテーマをダウンロード

 ファイル転送ソフト(FTPクライアントソフト)の「WinSCP」を使います。

*「WinSCP」についてはこちらを見てね

1、WinSCPを起動させて,サーバー側の「wp-content」をダブルクリック。

2、PC側の一番上のフォルダをダブルクリックして保存場所のフォルダを開く。

3、サーバー側の「theme」フォルダをクリック⇒「適応しているテーマ」をクリックして、そのままPC側に持っていく。

 これで今までカスタマイズしたテーマの保存が終了。

ダウンロードしたテーマフォルダから必要なファイルを選択してフォルダを作る

 ファイル転送ソフト(FTPクライアントソフト)でダウンロードしたフォルダをダブルクリックして開いてみると、いろいろなphpやcssファイルがある。

 この中から必要なファイルを選択する。

1、ダウンロードしたテーマフォルダをPC側の保存場所から開く。

2、パソコン上の空白部分で右クリック。

3、「新規作成」⇒「フォルダ」で新しいフォルダをつくる。

4、新しく作ったフォルダに名前をつける。
 ここでは使っているテーマが「stinger3ver20140327」なので新しいフォルダ名を【childstinger3】にした。

5、Ctrlを押しながら必要なファイルを選択⇒右クリック⇒コピー。

6、作ったフォルダを開いて右クリック⇒貼り付け。

子テーマをwordpressにインストール

 ファイル転送ソフト(FTPクライアントソフト)の「WinSCP」を使います。

*「WinSCP」についてはこちらを見てね

1、WinSCPを起動させて,サーバー側の「wp-content」をダブルクリック。

2、PC側の一番上のフォルダをダブルクリックして子テーマの保存場所のフォルダを開く。

3、子テーマをクリックし、サーバー側の「theme」フォルダまで持って行く。

*まだ有効化はしてはだめです!

インストールした子テーマを適応できるようにする

1、サーバーに接続

2、FTPアカウントにログイン。

3、【wp-content】⇒【theme】をクリック。

4、子テーマのフォルダをクリック。

5、スタイルシートphp(style.css)とsmart.cssを開いて、以下の記述を書き加える。

/*
Theme Name:半角スペース+子テーマの名前
Template:半角スペース+親テーマの名前
*/

 うちのサイトの場合は↓

/*
Theme Name: childstinger3
Template: stinger3ver20140327
*/

7、子テーマのfunction.phpを書き換える

8、親テーマのfunction.phpを書き換える

子テーマのfunction.phpの書き換えと親テーマからのコードの削除

1、サーバーに接続

2、FTPアカウントにログイン。

3、【wp-content】⇒【theme】をクリック。

4、【function.php】を開いてすべての記述を削除し、変わりに以下の記述を追加。

<?php
?>

*カスタマイズしたコードがあるときは、以下のように記述する

<?php
追加したコード
?>

5、上書きして保存。

6、親テーマのfunction.phpからカスタマイズしたコードを削除し上書き保存する。

子テーマを有効化

 最後に子テーマを有効化する。

wordpress初心者の子テーマ作成のポイント

・function.phpの子テーマはほかのphpファイルとは別の作り方をする。

・function.phpの子テーマはすべての内容をいったん削除して、コードを書く。

・子テーマにするコードを貼り付けるのはスタイルシートのみでOK。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpressカスタマイズ

スマートフォン専用スタイルシートphpが子テーマで反映されない

 wordpressテーマSTINGER3のsmart.css(スマートフォン用のスタイルシート

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑