「 wordpressの表示速度を改善する 」 一覧

Async JS and CSSでPC表示は速くなった

 webサイトの表示速度は大事だ。  表示速度が遅いページは見る気しないし。  webサイトの表示速度を分析するPageSpeed Insightsで必ずでてくるのが「スタイルシートのブロッキングリソースを削除してください」という警告。  スタイルシートのブロッキングリソースを削除するプラグインでよく紹介され

続きを見る

【スポンサーリンク】

WP deferred javaScriptとAsynchronous Javascriptを入れてみたが

 wordpressは表示が遅い。  サーバ側でgzip形式に圧縮したものを、クライアント側で解凍⇒表示するという形式とする事で、HTTPでのデータ転送量を少なくして、アクセス速度を速めてくれるというプラグイン「WP HTTP Compression」をいれて、PageSpeed Insightsでトップページの

続きを見る

Autoptimizeはwordpressの高速表示に効果大

 wordpressは表示が遅い。  「WP HTTP Compression」「BJ Lazy Load」を入れた後、さらに入れたのが、Autoptimizeというプラグイン。  HTML、スタイルシート、javaScriptを縮小するプラグインだ。  FC2ブログの表示速度を改善するときに効果があったのが

続きを見る

BJ Lazy Load画像の読み込み速度を遅くするプラグイン

 wordpressの表示速度を何とか改善できないものだろうか?  だいぶアイキャッチ画像を削ってスマートフォン表示の読み込み速度は速くなったんだけど。  まだまだPageSpeed Insightsで67点(元は63点くらいだった)。  画像の読み込み速度を遅くするプラグインLazy Loadが紹介されてい

続きを見る

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑