Async JS and CSSでPC表示は速くなった

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 wordpressの表示速度を改善する ,

 webサイトの表示速度は大事だ。

 表示速度が遅いページは見る気しないし。

 webサイトの表示速度を分析するPageSpeed Insightsで必ずでてくるのが「スタイルシートのブロッキングリソースを削除してください」という警告。

 スタイルシートのブロッキングリソースを削除するプラグインでよく紹介されているのがAsync JS and CSS。

スポンサーリンク

Async JS and CSSを検索して説明を見ると

注意: このプラグインは現在使用している WordPress のバージョンではテストされていません。
最終更新: 9か月前
WordPress の必須バージョン: 2.6以上
対応する最新バージョン: 3.7.1

 うーん、やっぱりちょっと不安。

 でもインストールしてみる。

Async JS and CSSを有効化したら

 やっぱりモバイル表示のメニューが展開しなくなった。

 しかし、このプラグインも詳細設定がある様子。

Async JS and CSSの詳細設定

1、「Settings」をクリック。

2、「Load Javascript asynchronously」のチェックをはずして「変更を保存」

 今度は、モバイル表示のメニューはちゃんと展開できるようになった。

Async JS and CSS導入後の表示スピードをPageSpeed Insightsで測定

 トップページのモバイル表示速度が77点、PCの表示速度が82点。

 点数変わらず。

 が、さらにAsync JS and CSSの設定を変えてみるとPageSpeed Insightsの点数が上がった

「Using <link rel='stylesheet' ...> tags on the foot of document」にチェックを入れてみるとトップページのモバイル表示速度が76点、PCの表示速度が87点。

「Using @import url(...) css rules on the foot of document 」にチェックを入れてみるとトップページのモバイル表示速度が81点、PCの表示速度が87点。
 PC表示、モバイル表示とも問題なし。

「Creating <link rel='stylesheet' ...> tags using javascript afted document loaded」 にチェックを入れてみるとトップページのモバイル表示速度が81点、PCの表示速度が87点。 
 PC表示、モバイル表示とも問題なし。

「Inserting all CSS styles inline into the document FOOTER」にチェックを入れてみるとトップページのモバイル表示速度が76点、PCの表示速度が87点。

「(default)Inserting all CSS styles inline into the document HEADER 」にチェックを入れてみるとトップページのモバイル表示速度が80点、PCの表示速度が87点。

 モバイルページの表示は変わらないがPC表示はわずかにアップという結果になった。

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpress表示速度改善

WP deferred javaScriptとAsynchronous Javascriptを入れてみたが

 wordpressは表示が遅い。  サーバ側でgzip形式に圧縮したものを、クライアント側で

記事を読む

wordpress表示速度改善

twitterコードを非同期化してサイトの表示速度を速くする

 twitterのコードを非同期化してサイトの表示速度を早くしよう。  twitterのコード

記事を読む

wordpress表示速度改善

gzip圧縮してwordpressの表示を早くするWP HTTP Compression

 wordpressの表示を早くするために一番初めに入れたのはWP HTTP Compression

記事を読む

wordpress表示速度改善

BJ Lazy Load画像の読み込み速度を遅くするプラグイン

 wordpressの表示速度を何とか改善できないものだろうか?  だいぶアイキャッチ画像を削

記事を読む

wordpress表示速度改善

g+1ボタンを非同期化してページの表示速度を改善する

 g+1ボタンを非同期で読み込むようにしてみよう。  PageSpeed Insightsでペ

記事を読む

wordpress表示速度改善

目次プラグインTable of Contents Plusで遅くなったサイト表示を早くする

  目次を入れるプラグインTable of Contents Plusのスタイルシートがページの読み

記事を読む

wordpress表示速度改善

WordPressテーマPrincipleの表示速度を速くする

 管理しているサイトのひとつに「Principle(プリンスプル)」というテーマを使っている。

記事を読む

wordpress表示速度改善

Autoptimizeはwordpressの高速表示に効果大

 wordpressは表示が遅い。  「WP HTTP Compression」「BJ Laz

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑