記事一覧完成!

  wordpressの記事一覧ページ作成も最終段階。

 ようやく思い通りの記事一覧ができた!

 1ページの件数制御OK。

 ページャーOK。

 更新日順表示OK!

スポンサーリンク

記事一覧ページの今回のポイント

・1ページに表示する最大件数を表示する。

・ページャーをきちんと機能するようにする。

・更新日順に記事を並べる。

記事一覧のコード

<?php
/*
Template Name:phpファイルの名前(「page-itiran.php」ならば「PAGE itiran」になる)
*/
?>
<?php get_header(); ?>
<div>
  <!--ループ開始-->
  <h2>
<?php the_title(); ?>
  </h2>
<div>
<?php
query_posts($query_string);
query_posts('posts_per_page=20&cat=0&paged='.$paged);//表示したいカテゴリIDを列挙
?>
<?php if ( have_posts() ) : ?>
<?php while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
<h4><a href="<?php the_permalink() ?>" title="<?php the_title_attribute(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h4>
<p>
【最終更新日】<?php the_modified_date('Y/m/d') ?> |【初回公開日】<?php the_time('Y/m/d') ?><br>
【カテゴリー】 <?php the_category(', ') ?><br>
【タグ】<?php the_tags('', ', '); ?>
</p>
<p><?php echo mb_substr( strip_tags( stinger_noshotcode( $post->post_content ) ), 0, 60 ) . ''; ?></p>
<p><a class="more-link" href="<?php the_permalink() ?>">続きを見る</a></p>
 <?php endwhile;
?>
<?php else:
?>
 <p>記事はありませんでした</p>
<?php
endif;
wp_reset_postdata();
?>
  </div>
  <!--/kizi-->
  <!--ページナビ-->
  <?php if (function_exists("pagination")) {
pagination($wp_query->max_num_pages);
} ?>
  <!--ループ終了-->
</div>
<!-- END div.post -->
<?php get_footer(); ?>

記事一覧のコード説明

記事一覧を表示するページのタイトル

<?php the_title(); ?>

1ページに表示する記事の数

posts_per_page=20

 20で1ページに20件の記事を表示する。

記事のタイトル

<a href="<?php the_permalink() ?>" title="<?php the_title_attribute(); ?>"><?php the_title(); ?></a>

最終更新日

<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>

初回公開日

<?php the_time('Y/m/d') ?>

カテゴリー

<?php the_category(', ') ?>

タグ

<?php the_tags('', ', '); ?>

記事の要約抜粋

<?php echo mb_substr( strip_tags( stinger_noshotcode( $post->post_content ) ), 0, 60 ) . ''; ?>

 0は0文字目から。

 60は60時目までを抜粋・要約として表示する。

ページャーを呼び出すタグ

<?php if (function_exists("pagination")) {
pagination($wp_query->max_num_pages);
} ?>

 function.phpに記載されているページャーを呼び出すタグ。

 もし、function.phpにページャーの記載が無い場合は、function.phpに以下の記載を追加する必要がある。

//ページャー機能
function pagination($pages = '', $range = 4)
{
     $showitems = ($range * 2)+1;
 
     global $paged;
     if(empty($paged)) $paged = 1;
 
     if($pages == '')
     {
         global $wp_query;
         $pages = $wp_query->max_num_pages;
         if(!$pages)
         {
             $pages = 1;
         }
     } 
 
     if(1 != $pages)
     {
         echo "<div class=\"pagination\"><span>Page ".$paged." of ".$pages."</span>";
         if($paged > 2 && $paged > $range+1 && $showitems < $pages) echo "<a href='".get_pagenum_link

(1)."'>&laquo; First</a>";
         if($paged > 1 && $showitems < $pages) echo "<a href='".get_pagenum_link($paged - 1)."'>&lsaquo;

Previous</a>";
 
         for ($i=1; $i <= $pages; $i++)
         {
             if (1 != $pages &&( !($i >= $paged+$range+1 || $i <= $paged-$range-1) || $pages <= $showitems

))
             {
                 echo ($paged == $i)? "<span class=\"current\">".$i."</span>":"<a href='".get_pagenum_link

($i)."' class=\"inactive\">".$i."</a>";
             }
         }
 
         if ($paged < $pages && $showitems < $pages) echo "<a href=\"".get_pagenum_link($paged +

1)."\">Next &rsaquo;</a>";
         if ($paged < $pages-1 &&  $paged+$range-1 < $pages && $showitems < $pages) echo "<a

href='".get_pagenum_link($pages)."'>Last &raquo;</a>";
         echo "</div>\n";
     }
}

記事を更新日ごとに並べるタグ

 本来は、orderby=modifiedというタグらしい。

 なので下のように記述するのだろうが、現在使っているwordpressテーマでは、すでにデフォルトのphp以外の追加されたphpでの並び順がどこかで指定されている様子なので省略してある。

<?php
query_posts($query_string);
query_posts('posts_per_page=20&orderby=modified&cat=0&paged='.$paged);//表示したいカテゴリIDを列挙
?>

 orderby=modifiedが使用中のテーマですでに指定されているのがわからず、えらく苦労した。

 気がつくのに丸1日かかちゃったよ。

 スタイルシートの指定は抜いてあるのであとはそれぞれスタイルシートを指定してもらえばいいかと思う。

wordpressプラグインを使わない記事一覧まとめページ

  現在はさらにアレンジしたコードを使っている。

 wordpressプラグインを利用しないで全記事リスト(全記事一覧)を表示するための方法を1ページにまとめてみたので参考にしてね。

wordpressプラグインを使わない記事一覧まとめページ

 

  • にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
    にほんブログ村
  • FC2ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wordpressカスタマイズ

特定のカテゴリーのカテゴリー名とカテゴリーに含まれる記事の一覧を作る

 特定のカテゴリーのカテゴリー名とカテゴリーに含まれる記事の一覧を作ってみよう。  このコード

記事を読む

カテゴリーIDが追加されたWordpressカテゴリー管理画面

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できるようにしてみたい。  Wor

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3(wordpressテーマ)のサイドバーにある検索ボックスを消そう

 STINGER3(wordpressテーマ)のサイドバーにある検索ボックスを消そう。  word

記事を読む

wordpressカスタマイズ

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  でも、プラグインには「開発や更新

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のナビゲーションバー「TOP」のアンカーテキストにブログタイトルを含める

 SEO対策をかねてSTINGER3タイトル下のナビゲーションバーの「TOP」にブログネームを入れて

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のサイドバーの【NEW ENTRY】を日本語にする

STINGER3のサイドバーの【NEW ENTRY】を日本語にする。  wordpressテーマS

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

wordpressのナビゲーションバーに項目を追加

 wordpressのナビゲーションバーに項目を追加しよう。  タイトルやキャッチフレーズの下に追

記事を読む

no image

タグ一覧を作ろう1

 タグ一覧を作ろうと思う。   タグクラウドでなくタグ一覧。   何でタグ一覧を作りたいかといえ

記事を読む

wordpressテーマSTINGER3カスタマイズ

STINGER3のスマートフォン表示のパンくずリストをスタイルシートでリンクボタン化

 wordpressテーマSTINGER3のスマートフォン表示のパンくずリストをスタイルシートで

記事を読む

wordpressカスタマイズ

タグ一覧を作ろう2

 タグ一覧作成NO2 。  前回のタグ一覧だと、50音順の並び替えができないようだったので、タグク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


follow us in feedly

応援してね⇒にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへにほんブログ村

ワードプレスのテキストとビジュアルのタブの切り替えができない

 しばらくぶりにブログを更新しようと思ってみたら、ワードプレスの更新や

プラグインを使わずにソースコードを表示させる方法

 ソースコードを表示させるのに便利なのはプラグインの利用。  で

ソースコードの解説にCrayon Syntax Highlighter

 Webサイト上でHTML/CSSやプログラミングのコードを解説す

ウィジェットが豊富で使いやすいWordPressテーマSimplicity

 SimplicityというWordpressテーマを使ってみた。

お客様のホームページがアップロードされていない状態です

 Wordpressの手動インストールで無事インストールできたのに

WordPressテーマGush2のTOPページアーカイブページに要約を表示する

 Wordpressの無料テンプレート(テーマ)Gush2はすっき

FC2ブログとWordPressのURLの構造法則と変数

 記事数の多いFC2ブログを変数を使ってWordpressに引越し

記事数の多いFC2ブログの引越しは変数で作業時間短縮

 FC2ブログからWordpressへの引越し第二段。  FC2

プラグインの内容をメモできるWordPressプラグイン

 Wordpressのプラグインは便利だが、説明文が英語のせいで中

WordPressのカテゴリーの管理画面にIDを表示できるようにするカスタマイズ

 Wordpressのカテゴリーの管理画面に記事のIDを表示できる

海外スパムをシャットアウト「Throws SPAM Away」日本産プラグイン

 Wordpressでブログを運営していると英語のスパムコメントが

→wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中の記事をもっと見る

Googleでブログを作ろう 
 Googleの無料ブログサービスBloggerで作っているブログ。
 Bloggerの設定やカスタマイズ方法などを載せている。

使える無料ソフト&無料サービス
 高いパソコンに入ってるようなソフトは必要ない!をコンセプトに無料ソフトや無料のWEBサービスをご紹介。

  • コメントテスト

  • PAGE TOP ↑